法人概要

九曜会 基本理念

ご挨拶

一人ひとりに、それぞれの名前があります。
思いの込められた名前を看板に社会の一員として暮らし、生活していくことの難しさを感じながらも自分らしく生きることに皆が、前を向いて歩んでいます。

意思表示の弱い、知的に障がいを持つ方たちには社会生活において特に、障壁が多くあります。
その障壁を取り除くには、障がいを持つ本人たちを中心として多くの人々との関わりが必要だと思います。
その人々との関わりを通して障がいを持つ人たちの幸せが実感できる地域、社会が整えられればと願ってやみません。

名前と同様に、一人ひとりそれぞれの人生が謳歌できるよう応援する法人、職員集団として、私たち九曜会は知的にハンディを持った方たちの支援に精進してまいります。
それは、同時に、私たち九曜会で働く者の幸せでもあります。

九曜会では、施設での出来事やお知らせを定期的に広報誌やお知らせで公開しております。併せてご覧ください。

九曜会理事長 小宮良平

基本方針

  • 私たちは、利用者の基本的人権を尊重し、常に温かい愛情を持って接し、心身の健康保持と社会参加と自立への支援をします。
  • 私たちは、利用者、保護者ならびに地域の方たちと、共に歩んでいくということを大切にします。
  • 私たちは、利用者の方が、地域において必要な福祉サービスを総合的に提供できるよう援助します。
  • 私たちは、常に新しい情報を吸収し、専門的な識見に基づき利用者の方たちにサービスを提供します。
  • 私たちは、支援・援助するものとして、モラル・マナーを持ち、常に謙虚であることを心がけます。

支援方針

  • 日中活動を「働く」という主旨のもとで、社会参加を心がけ、利用者ひとり一人の自己実現を目指します。
  • 社会参加を目指すにあたり、社会的視野を深める上で、社会資源の活用を取り入れ、地域の一員として支援できるよう、情報収集ならびに専門性の向上に努めます。
  • 自立を「支援・援助を提供しながら、利用者ひとり一人が、自己の能力を最大限に発揮して、充実した生活を送る。」という定義で支援します。

事業内容

社会福祉法人九曜会は、障がい者総合支援法に基づき、生活介護事業「市津学園」と生活介護事業及び施設入所支援「千原厚生園」、生活介護事業「たかね園」「こころふる浜野」の設置・運営をしており、日々の施設利用者の日中活動や生活面でのサポート等をしています。

主な活動については、野菜の作付けを中心とした作業やリサイクル(空き缶)、リハビリ等の作業を始め、行事の開催や余暇時間の支援等を行っています。

老人福祉での介護保険の導入で、『福祉』が身近になりつつありますが、知的障がい者の地域ならびに社会からの理解は、依然として特別な人といった解釈が根強い状況といえます。

障がい者の福祉制度の改革が進められ、社会参加、地域生活への移行と方針、施策が進められていますが、実態として知的に障がいを持った人たちが社会の中の一市民としての考えにまで進んでいないように感じられます。
施設の中で偏りがちな活動から、今後の事業展開に、地域や社会に目を向けた活動を取り入れて行きたいと考えています。
その一つとして、地域の小学校に協力をいただき、交流をもつ機会を持ちました。
いずれ社会に出る子供たちに、障がいを持った人、あるいは施設を理解してもらえれば、近い将来、障がい者に対する偏見のない社会が実現するものと信じております。

今後、施設を利用している人たち本人にも、地域生活支援事業(グループホーム)の支援や地域の福祉拠点としての役割を担い、地域福祉・在宅福祉の向上に努めて参りたいと考えています。
施設は、『公民館』ととらえ、多くの人たちが集う場所と考えていますので、一度、施設まで足を運んでいただければ幸いです。

沿革

昭和62年
12月
市原市、手をつなぐ親の会より施設設立を強く要望され、市津学園設立発起案人会を設置。
平成2年
1月
社会福祉法人九曜会認可。
7月
知的障がい者通所更生施設市津学園開園。(定員40名)
12月
市津学園保護者からの要望により、入所施設の建設計画を行う。
平成7年
4月
知的障がい者入所更生施設 千原厚生園、開園(定員40名)
平成10年
4月
千原厚生園増築により定員10名増員。(定員50名に変更)
平成11年
7月
(財)中央競馬馬主社会福祉財団からの助成により作業棟完成。
平成15年
4月
知的障がい者通所更生施設 たかね園、開園。(定員40名)
市津学園 短期入所事業(日中受け入れ)  定員4名。
千原厚生園 短期入所事業(日中受け入れ)  定員5名
たかね園 短期入所事業(日中受け入れ)  定員4名
(それぞれ平成18年10月より 日中一時支援事業に変更)
平成17年
10月
たかね園 単独短期入所事業(定員2名)
平成18年
4月
たかね園 千葉市日中一時生活支援事業放課後型、開始(定員15名)
5月
共同生活援助・共同生活介護事業「光風台ホーム」の開始 (定員5名)
8月
日中一時支援授業の定員の変更。
市津学園 4名から7名へ
千原厚生園5名から8名へ
平成20年
4月
地域活動支援センターII型「ぽれぽれ」の開始(定員15名)
平成21年
2月
千原厚生園事務所棟の完成。
4月
市津学園作業棟の完成。
千原厚生園の短期入所事業の定員の変更 4名から6名に増員。
平成22年
4月
共同生活介護事業「びいどろ」の開始(定員4名)
日中一時支援事業の定員の変更。
市津学園 7名から10名へ
千原厚生園8名から10名へ
7月
「光風台ホーム」事業変更により4名増員(定員9名に変更)
平成24年
1月
市津学園 生活介護事業へ移行(定員40名)
千原厚生園 生活介護事業・施設入所支援へ移行(定員各50名)
たかね園 生活介護事業へ移行(定員40名)

地球にやさしい、未来に明るい、太陽光発電パネルを設置しています。
平成21年春。社会福祉法人九曜会は、地域新エネルギー等導入促進事業、
及びグリーン電力基金の2つの助成事業で太陽光発電システム導入(20KW)を実施。
世界的なCO2削減をめざすエコ運動へ一歩を踏み出すことができました。